ブロガーが気を付けること・・ライター依頼とか広告の話

ちょっと待って~エイの赤ちゃんってこんなん?!
宇宙人?八つ橋?
キャプチャ
(http://www.pinterest.com/search/pins/?q=%E3%82%A8%E3%82%A4)

ムンジャンガン島で体験ダイビングしたとき、一緒に潜った人がエイは刺されたら死ぬんだぞ。ていってたけど、マンタとエイの区別もつかない私です。

________________________

こんなブログなんですが最近、去年あたりからライターの依頼をぽつぽつといただくようになり、主に京都の記事依頼が多いのですが、この前はコラムラッテというサイトからお話があってバリ島、京都、東京情報で女子向けで書いてほしいということで対応がとてもよく、好感がもてたのでよろしくお願いします。。という事になりました。本職にさしさわりがないことと、締切もゆったり任せてもらえるし、条件も明確なのでここなら出来そう。

なぜかどこのサイトも必ず書いてと頼まれるテーマが(おすすめカフェ、胸キュンプラン)とか(笑) 読む人、依頼する人の年齢層なのか、載ってる情報もほぼそれで出尽くしてると思うんだけどまだまだ募集中?  男子向け、年寄り向け、マニアックなのももっとあってもいいかもね。

私のライター能力を買われてというよりも、そういった旅サイトがすごく増えているんだと思うんです。  旅行者ももう普通のガイドブックよりも生のおすすめ情報を求めているし、口コミやブログの次?として大手が管理した人選で詳しい人達をナビなりガイドとしてプロフィール紹介し記事を書いてもらう、そういったサイト。   1記事ごとに報酬がもらえるとか、そのページのアクセスでポイント制、アマゾン券に変えられるとか、協力という形でなにかで還元してもらえるとかいろいろだけど、

中にはブロガーにうまいこと言い寄って情報と写真を吸い取ろうとする悪い会社もあります。気を付けないといけない、ホントいい風に言うんですよ
(ライターとしては素人なんですけど私でいいんですか?恐縮ですm(__)m)というブロガーの思いをうまい具合についてくる。
「うちは大手で・・そこに載せませんか?報酬はないけどアクセスもあるし人が流れてきますよ」みたいな感じで言われて私も最初(爆発的にアクセス流れてくるのかも、損得じゃない面白いかも、やってみるか)ってコロッと数記事提供。今考えると勝手にプロフィールを書き換えられてたのも変だった。
確かに誰もが知っている名の売れた会社なんだけど ある日「あと何記事書けますか?いつまでに出来ます?そちらの記事をうちのサイトに転送できるシステムがあるからお手伝いしましょうか?」 って電話が来たときは「あのー・・・仕事じゃないのにおたくったら」って抗議しましたよ。
提供した記事が他の旅行会社のパンフに使われていたりしてほんとひどい。人の作った記事を吸いあげて彼らはお金儲けしてる。

検索上位に上がるのはその大手の会社なわけで、弱小ブログがそれより上に表示されることはない。文章のコピー掲載はSEO的にペナルティなんだけどコピーされたほうが検索圏外へ飛ばされては最悪、なので私は新たに記事を書いて提供したけど、そんな感じだったのでそのサイトはきっと他にもハっ!て気が付いた人から(私の記事と写真を返せ~)って文句出ているかもしれません。

口コミサイト、たとえば食べログでもトリップアドバイザーでも4トラベルでも制約がないから気負わず、報酬とかも全く考えず納得して投稿しているんだけど。
だけどその悪い会社みたいに特別にあなたに!とかライターという言葉を掲げて話をもってきて一生懸命作ったブロガーの記事を吸い上げてはいけませんよ。

もちろんちゃんとしたサイトがほとんどで今回のコラムラッテさんはそんなことはありません!怪しさもなくとってもクリアです。

構えてしまうとなかなか書けないから、なんとなく依頼内容に沿ってまずなんでもつらつら書き出すやりかたをしています。あとは削ぐ、足す、並び替える。

写真がネックで書けないという事もありますね。
お金をいただいて提供したコラムの場合はもうその写真は一応自分のブログにも使えなくなります。
そのあたりを今回も確認したら 「ブログからのリライトも問題ございませんが、コラムとして上げた記事や画像に関しましては、無断転載などを防ぐため、一応著作権を弊社に帰属とさせて頂ければと思います。」 とのことでした。
一応・・なので自分のブログには使っていいのかもしれないけど難しいグレーな感じではあります。書きたいことはたくさんあるけど写真を考えて断念することも多いので、これからはまったく同じ場所でも違う角度で数枚とっておかないと。

いやいやっ取材旅行じゃないんだから!写真なんてささっととってまず自分が楽しまないと。ついででいいのに。とか・・揺れるブロガー心です。

********************

ガイド雑誌(フリーペーパー?)の依頼もあって例えばこの記事【ジンバランのイカンバカール】は没になった記事のおさがりです。ブログ用に編集しなおしたけどね。 私にしては頑張って書きました、ちょっと上から目線で教えてやってるみたいでおこがましいんですが、だけどライターとしてはそういう風に書かないとだめらしく旅行記みたいに書いてはダメなんだって。

編集者さんの添削の時に「有名観光地についてアドバイスというテーマでお願いしたのでテーマは問題ないんですが・・(ぼられる)とかちょっと使わないほうが・・、あとお値段の事を詳しく書いちゃうと他の記事との兼ね合いが・・」
たしかに言われてなるほどなんですが、この記事でそこを直してしまうと記事として成り立たなくってしまって没にしたという。
やっぱりブログでしか書けない感じってあるなぁと感じます。
ガイドブックは広告との兼ね合いで細かいことを書くとマズかったりする。
つるんとしていないといけないようです。

____________________________________________

そいえば私のブログってお金の話多いよね(笑)
お金の話って下世話っていわれている中、チップいくら渡したとかまで書いてる。あえて書くのは見る人が凄く求めてるなって気がして。
どうやって求めてるってわかるかというとアクセス分析のうちに入ってきてくれている検索語句。半分はバリ島旅行記/お店やホテルの固有名詞、あとはもうね(値段/最安/お得/チップ/ぼられる/評判/裏ワザ/どこがいい/失敗・・)がいっぱいで。本当に知りたいことがこういうことなら皆の為になる事を書きたい、と無意識にお得だの幾らだの書いているんでしょうね。

話、飛んじゃうけどいいか・・

私のブログにも広告は貼ってあって、これもお金儲けじゃ?
ではあるんだけどこの機会に説明すると、無料ブログのコントロールできない広告が嫌でサーバーを有料で借りて独自ドメインで運営しています。Googleの広告ならGoogleからページアクセスで報酬をもらえるシステムで、Amazonや楽天なら商品購入の1~3%が入るシステム。読む人から課金したりしません。
だから為になる情報を心がけているし、最安だと思ったら最安、珍しいと思ったら珍しいものホントにおすすめを紹介しているつもりで。毎月の運営費と書く労力プラスアルファーを賄えればうれしいなと思ってます。

もうネットは情報過多で何を信じたらいいかわからない時代。
検索して何ページ目まで見ますか?先頭にあるものが信用できるとは限りません。
例えばよくある、ランキング1位2位3位って広告報酬の良い順だったりして。バリ島だったら人気○○ランキングなどそれってバックマージンの良い順じゃ・・、みたいな。そういうサイトほど1ページ目に君臨してたりするから 何をもって人気なのか自分で考えないといけない。ランキング、評判、人気・・とかで検索したとしても、それはとっかかりとして、私のを含めてネット情報は全面に鵜呑みしちゃぁいけません。結局は自分判断。。

鵜呑みの鵜で思い出した!
今や広告のないページ探すほうが大変ですが、最近ひどいのは見たい記事を隠して動いてついてくるバナー広告。スマホとかタブレットに多いんだけどエスカレートしてる気がする。これもまた一部の極端なIT系なんだけどあの飛び出すバナー広告を見たら無料ブログの運営会社はブロガーを鵜飼のように扱ってて、記事書けよ~ページ増やせよ~って内容なんてどうでもいいんだなって思うよね。お金払う広告主もまずいって感じてるはずだし、読む人にも迷惑かけてる。記事を隠すなんて全然ユーザーに寄り添ってないなって思います、私欲のみ。それが無料で使うという事だから・・と正当化するなら愛がないわ~。
広告を外したいなら毎月980円ですよって所ももう少し安くならないのかな。

*****************

色々やり始めたことでその業界に少し詳しくなりました。
ライター依頼についてはちゃんと添削してくれるし勉強になります。最初の頃より多少~文章力は上がった気がするし、客観的に見直すことも学びましたよ。だれもが知っているだろうという事でも、知っているものとして書いちゃいけないとか。自然に長くなっちゃいます。

助詞をちゃんとつけるとか・・ら抜き禁止とか、まとめ方とか。
起承転結!学びました。

だけど、記事作成テンプレートの

【終わりに】
いかがでしたか?私のご提案・・

みたいなまとめかたは絶対いやっ サブ~くてやだ!
何とか工夫して違う風にするつもりです。

今日はよくしゃべったなぁ。。
キャプチャ

 

 

コメントを残す