AX バリ島の釣り話&東南アジアの屋台の気分に浸る新宿の夜




バリ島の釣り話&東南アジアの屋台の気分に浸る新宿の夜

この日は日曜日。暖かくて、
バリの話をしながらビールが飲みたくなり、急遽、ほんとに急にメールしてみたら2時間後に集まってくれたバリ仲間。

新宿の焼き鳥からスタート
レバーの塩串がおいしい【夢やぐら】安いよ♪

2軒目 新大久保、職安通りの【オムニ食堂】
オヤジがチャングンソクまみれ。
DSC00678

一緒に飲んだ通称おやじはまだ若いのにおやじという。
共通の友人がウブドに住んでいて、どっぷり地域密着する
バリへ行くと釣りばっかりしている面白い人。
特技、バリ人の物まね。

まだバリ島で合流したことがないけど、観光とかスパとか無縁。

じゃ今度向こうで会ったら
一緒にドジョウを釣ろうとかブノア港で
アジを釣るからナメロウを作ろうとかそんな話。

海でも川でもいっちゃうらしい。
アユン川とかも。

ナマズの脳天一発さばき方や、
釣りは座禅、瞑想・・・究極のヨガじゃないか?とか。

空港で、バリ行の便のカウンターで
皆がサーフィン道具とか抱えている中、
釣竿を「これ、よろしく」と預けている姿を想像するとかっこいい。

3軒目、その向かいの韓国スターの踊り狂う映像を流しているバー。
ここの社長とオヤジがお知り合いで、チャミスルとキムチをごちそうになる。

ご機嫌の4軒目、
正式名称【天空の街~ 新宿アジア横丁】といって
歌舞伎町の元コマ劇場のそばのビルの屋上にあるアジアの屋台村です。

ここで20%OFF券を下で貰い、
ネパール人青年に案内された奥の屋台は韓国料理というけど。

全員ネパール人スタッフの韓国料理屋さんで
枝豆とビンタンビールを飲みながら水タバコを注文したのでした。
もうごちゃまぜ。酔うと怖いものなしです。
バリ島の釣り話&東南アジアの屋台DSC00685

世界のビールが飲めると言います。
しかしビンタン小瓶700円、
ほかのビールも700円の中、エビスの生が550円。

ちょっと東南アジアの屋台に来たような気分になれました。

ルビーパレスという女性専用サウナで
垢すりしてもらって帰ろかなと思ったけど、
酔っているしやめておいた。

私もオヤジと呼ばれてもいいのかもしれない。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする