韓国行きで またも飛行機に乗り遅れそうになる・・

実は今回の韓国行き2泊3日 
あわや行きそびれとなるところでした。

1つ前の日記で日赤病院へ検査へ行った経緯はお話済みだけど、総合病院だから待ち時間が長かろうと考え、もうじき行くソウルのガイド本を持って行き
待合室でペラペラめくりはじめる。

ふと、ほんのふとスケジュールを確かめて唖然
なんとソウルに出発するのがその日だったのです。
出発時刻さえうろ覚えで16:20? 40?
あと2時間で飛行機が出る、あっ えっ おっ?
ここは何処?・・・広尾?六本木?わーーーーー

優雅に病院の会計待ちをしていた私は呼び出しのピコピコの機械を持ったまま会計もせずタクシーに飛び乗った。
急いで世田谷の家へ戻ってもらってパスポートだけつかみ取り 再び同じタクシーで高速をカーチェイスのごとく羽田まで飛ばしてもらう。

ボケもここまできたか・・
もうすぐソウルだ・・と思ってたけどまさか今日とは。

と嘆きつつ
まずは病院に電話して事情説明。
「いいですよ、次回来られた時で」
ごめんなさいと思いつつも名前も聞かれずちょっと拍子抜け感。
次、仕事先に脱日本するかもと3軒電話。
次、104で電話番号を聞きANAのカウンターにつないでもらって遅れる旨を話す。
40分前まで待ってもらえると。
う~~~~ぎりぎり。駄目かも。
ききき~~とブレーキ音で羽田に到着したのが1分前!ダッシュでエスカレーターを3階まで駆け上がりパスポートを高々と上げ大声でANAカウンターに向かって「すみませ~~~~ん!」
ほんとのほんとにぎりぎりセーフで乗せてもらいました。

ANAの人はとても優しくて
「まだ大丈夫ですよ、よければお席までご案内しますよ?」

「はぁはぁ・・カードを・・ほら・・¥・・・はぁのう・・・えっと。。
      お金をおろしたいですが何処ですか?」

「はい承知いたしました、ATMはこちらでございます」

あー感じが良い。
LCCだったらもうとっくにアウトだったでしょう。

荷物検査⇒出国審査⇒走って走って搭乗口。
飛行機に乗り込み我に返った私は。
髪の毛ひっつめてコンビニ行くみたいな格好につっかけ(サンダル)、
SISIバッグ1つ。  以上。

急な運動をしたせいか病院で血液検査をした後だったので腕から血が出てハンカチももってなくて、ティッシュをもらい。水をもらいようやく落ち着き、意外と美味しい機内食をいただき、気圧でお腹が張るのでビールはやめてワインにし2時間で金浦空港に到着。

韓国の入国審査では
 「荷物はこれだけ?一人?この機械(病院のピコピコ)は何?」
           と質問攻め。

7月のソウルは日が長い夜7時半でもこの明るさ。
DSCF0695

ソウルの街に到着後、友人家族と落ち合い
まず東大門の屋台で下着(グッチと書いてある)とコスメショップでファンデーション。髪の毛につけるスプレーはコンビニで。クレンジングや基礎化粧品はおまけでもらいました。

3日同じ服だとわかっているくせに
犬カフェでテンションあげすぎて抱きつきまくり臭い 
食べこぼしでニンニク臭い、になりTシャツを追加で買う。

DSC05957

DSC05910

DSC05904

まぁとにかく無事に着いて良かったです。
こんなノープランでもなかなか楽しめたので
あれこれ調べない旅もたまにはいいなぁ・・
地図はIKKOの旅本のアバウトなもので間に合いました。

マイルで取った航空券は正規運賃で買った人と価値は同じ。
それが幸いしたのかも・・
これが格安航空券や旅行代理店経由だったらどうだったかなぁ。
と同時にマイルで気軽に取ったから
日付を間違えたという説もありますが・・・

航空券(Eチケット)のプリントは忘れてもOKでした。
楽天トラベルで予約したホテルのバウチャーもいらなかったです。

もし乗り遅れた場合は
その日の便がもうないので一度家に戻り再び羽田へ。
しかも次の日も土曜で満でキャンセル待ち
ここまで急いだタクシー代が12000円、
向こうのホテル代はキャンセルできず
行けたとしてもお金的にもプラン的にも踏んだり蹴ったりの旅になる所でした。

ーーーーーーーーーーー
実は
前回去年11月に行ったソウル旅の始まりもこんな風だったのです。

デルタ航空スカイマイルで取ったので大韓航空で行きました。
デルタのスカイマイルは友人の分も取ってあげられるので2人分。
そして旅行当日朝、2時間あるので余裕。
待ち合わせ大韓航空のカウンターへ行ったところ・・・・乗れないと。
ネット予約の時に友人の久美ちゃんの名前(ローマ字)を間違っていて
  kumiko なのに kumi で予約していたのです。

大韓航空 「1文字ならまだしも2文字 パスポートの名前が違うと乗るのは難しいです。デルタ航空に電話して間違いの確認が出来ないと無理です」

だけどデルタの電話受付が9時からで
飛行機の出発が9:20分。

 「ん~~駄目ですね・・・・」

あ~だめかと諦めかけたところ韓国人のボス(男性)がやってきて事情をもう1度説明。

ボス 「・・・買い直してものりたいですか?」

   私 「買います!いくらですか?」  

カウンターのお姉さん 「往復78000円です」

   私 「はい大丈夫です、買います」

  久美ちゃん 「いいよっ諦めよう、伊豆でも行こうか」

   私 「だめだめ、私のせいだから買うよ」

ボス 「ニモチュありますか?預け荷物」

    私 「ありません、機内持ち込みだけです」

ボス 「それではね、私がデルタに今からかけます、
             2人ともパスポト貸してください」

 数分後

ボス 「ふちゅはダメですね、今回だけOKです・・あと20分で出ますので急いで!はいこれ(カート)乗って早く!」

この時はカートで搭乗口まで一気に連れてってもらい、
(荷物検査はなし出国審査は別の列からするっと)
付添いのおねえさんに席まで案内されてぎりぎり乗りこめました。

「ありがとうございますX3」

久美ちゃんと私は席がバラバラだったんですが
なんかゆったりしてるなぁ~と思ったらビジネスクラス!
両隣、ビジネスマンに挟まれて
機内食もビジネス用で・・
ほんっとすみません、ご迷惑おかけして
申し訳ない思いでそわそわがおさまらず、
ビールを飲んで落ち着いたころに到着。

ふぅ。

* 預け荷物があったらダメだった
* 買ってでも行きたいと言ったのは良かった
* ごねず謙虚にしたことは良かった。

いくらマイル特典でも正規料金でもビジネスクラスでも
名前のローマ字と生年月日、は間違えると乗せてもらえないと言う事です。

言い訳ですがバリ島や他の国、他の県・・でこんなことは1度もない。
韓国行きだけ続けさまにこのザマです。

今度こそ、気をつけます。。

2件のコメント

  • miyuki

    なんかしょっぱなからすごい事になってますね!
    でも、間に合ってよかった
    初日は雨でしたね
    でも、着いたの遅いから止んでたかな。
    私はお昼頃には到着したので、結構
    降ってましたよ~

  • miyukiさん
    18:30に金浦空港に着いた時は写真のようにカラッと晴れてましたが夜8時ごろはまた降ってましたね。
    だけど次の日から日曜の帰国までは晴れ人に聞いたところ、少し前までは毎日雨だったと言ってました。
    miyukiさんは楽しめましたか?
    美味しいものとか・・お勧めのお店などあればまた教えてください。

コメントを残す