イエローナイフ到着の様子【オーロラを見に行く旅行記】

はるばるイエローナイフです。
到着後 彼女からリアルメールが来ました。

__aq

≪げきさむ。マイナス20度 成田からの流れやからかほとんど日本人。 私以外一人旅の人いないわ。
お父さんと10歳くらいの女の子とかいる。大学生の娘と母。 男子同士、年配の人。
こんな日に私以外みんなすぐさまオーロラみにいかはったわ。今12:30夜。帰宅は三時やて。70代くらい?の三人組死なないかな?移動で疲れて 初日なんか、夜中長々とさむい中オーロラなんかみれんわ!いきなり大量の輝く星!iPod使えるわ~!≫

マイナス20度
私なら溶けてなくなります。

なるほどよかった。
実はこれを想定して着いた日は寝るだけにしたのです。
スケジュールでは夜到着しホテルチェックイン後到着後すぐにオーロラ観賞に行く人も多いんだそうです。
オーロラ観賞スケジュール

若い白玉ちゃんでも無理か。
時差ぼけ半目で観賞して、本物のオーロラが見えたとしても夢か幻にしか見えないでしょう。
オーロラ観賞の費用は1回100ドル程、夢か幻の半目になって無理して見るオーロラでも1回100ドル。初日をパスしてもあと5回あるじゃないか。オーロラを見なくても大量の輝く星!に感激したと。それだけでいいじゃないか。着いた日はゆっくり休んで・・明日は昼イエローナイフ市内観光が付いているそうです。

また今メールがきました。
『日照時間もあす聞くわな。店はだいたい夜10時まであいていて、スーパーにはお酒は売っていないから、リキュール専門店でかうんやと。カナダといえばアイスワインやんな~』

寒いからとはいえ誤魔化しのあまり飲み慣れないものを飲んでげ~しませんように。
地球の上のへそともなると冬の夜が長い。日照時間を知っていないと今何時?夜?朝?私は誰?
となってしまうようです。

ホテルについてなど・・・続く。
明日は私は仕事なのでリアル紹介はできないけど
あんなへき地からこうしてすぐにメールが届くのはつくづくすごいと思う。
無料で送れるのがすごい。

カナダ イエローナイフ情報はこちらにまとめました。
カナダにイエローナイフを見に行くカテゴリー

コメントを残す