あの世ってどうなのかな

UBUD在住の知人がバイク事故で2人同時に亡くなった。
びっくりして顔を覆った。

寿命なんて思いたくない、
もっとこちらの世界で生きているべきだったと思う、若すぎる。
今は安らかか、気分はどうか、悔しくないか彼らに聞いてみたいです。

友さんは整体師として一体何人の身体と心を救っただろう。
人望も厚く沢山の人が今頃悲しみにくれているに違いない。

感謝して彼らの為に何かしたい、祈りたいのに

その人と自分との接点がどうだったか・・とか
自分はいつ死ぬ?もしかしたら明日かと思うと恐怖で震えたり。
タクちゃん石鹸があと一つしかないのに・・とか。

なんともヒトリヨガリになっている自分が嫌になる。
どうすれば供養・・・そう今は供養とか ご冥福とか 
そういう言葉も使いたくないな。

この前の荒尾さんについてもそうだけど
人の死について考えるときなのかもしれない。

来週、石垣島と周りの離島に行く予定。
今バリは辛すぎる、東京でもだめ
このタイミングにしての石垣の旅は
シッチャカメッチャカの頭をまとめるときかも。

a7d01f18

ともさんが目からうろこの本だよと教えてくれました。

たくし君が作って販売していた石鹸(シリーいり)は本当にすべすべ。

f6c4e2eb

石垣に一緒に行くKちゃんがメールをくれました。

~~~~~
悲しくて、ショックを受け 泣いたあと
こんな事を思うようにする。

生きてるものは、死がある。遅かれ早かれ、終わりがくる。
この世が終わったら、あの世があるらしい。
そこで、また再会できるらしい。ホンマかウソかわからんけど、
そう考えると私は楽になる。
私が死んだら。。。
チャオとプリ、そしてコロが川岸で待っててくれるねん。
楽しみやな。

再会するためには、まっとうに正しく生きて
自殺なんかしたら、会えないよ。
普通に生活して、小さな事でも感謝して小さい事でも幸せに感じてな。

来週は、満月も終わって夜空が暗く波照間では星が綺麗に見えるはず。
お星様に手を合わせましょう。
~~~~~~~

京都の知恩院内にある仏教の高校で
毎朝 一緒にほとけ様に手ぇ合わせてた同級生です。
その頃の教えをほんわかと思い出し少し笑った。

あの世が楽しい所のように思えてちょっと救われる。

(2009.5.11)

コメントを残す