カーゴ(船便)についてのアクセスが多いです

船便(カーゴ)のことですが、
ちょうど1年前に苦い経験をしていまして(笑)
そのことはブログで書いていて、早く忘れたい出来事だったので、ちょっと記憶が薄れつつある にも関わらず、カーゴについての問い合わせが多い。私も右も左もわからないシロートなんですが。。

バリ島のカーゴ(船便)で大パニック!
私の情けないっぷりを赤裸々に話しているからもあるかな?

分かったこと まずカーゴは 家まで届かないのが普通です、車で取りに行かないといけません。私の場合、バリ島だとまずスラバヤという街の港へ送られ 木枠で梱包されて東京の港に一旦運ばれ・・2週間くらいしたら日本の貨物会社から電話があります。
海外便で書類が送られてきて それを持って税関のX線検査と 貨物会社と預け倉庫を行ったりきたり1日仕事。
商売じゃなければ 個人でその手続きはとても大変です。

料金は1年前で130ドルという人が多かった。だいたいカーゴ知ってる?なんていうとバリ人全員が【知ってる!いいところ紹介するよ】となります、実はこのルートで関わった人の分だけマージンがかかりその分料金がかかってしまうことになる。
ふっかけられるのとは違いますが、どんないい人でも【カーゴ紹介するよ】は料金が高くなってしまうということです。 

実はカーゴを使う前に1件メモしてから出発したんです。
今になって思えば、最初からココを使えば良かった。
なのに買った家具屋さんのプッシュに負けてウブドの所にお願いしてしまって。多少高くても家まで届けばまだ良かったんですが。

まだお願いしていませんが

何もしないでも家まで届く所
日本語が通じる
料金が明確

ということで、ここ↓が一番安全で料金も安心かなと思っています。

バリ宅急便
http://www.finestage.com/cargo/service.html

バリ宅急便の方のブログ 「バリコラ」
ココに詳しく載ってます
http://plaza.rakuten.co.jp/finestage/diary/?ctgy=7

ブログ「バリコラ」の管理人様への問い合わせした事がありますが
丁寧に答えていただいきました。

もし椅子や楽器くらいだったら元スッチーのカバ君ちゃんなら迷わず「飛行機で運べば?」といいます。あの人は100キロの物でも超過料金なしに一人で飛行機で運んじゃいます。
この前一緒にバリから成田へ家具を運んでもらって帰ってきました。
すごい裏技があるわけでもないのですが、持込荷物の工夫が必要。
機内持ち込みにして 上の荷物入れるところに一人で乗せられれば大丈夫とのこと。

力持ちなら大丈夫チャレンジしてみてください。

ドイツのりモア社 スーツケース見つけた!

バリ島ホテルの口コミとランキングはこちら
気になるホテルの口コミを検索。
バリ島のホテル ランキング!

コメントを残す