バリのマッサージで困ること

バリ島のマッサージはうつ伏せから始まります。
顔を穴つきの台にのせる訳ですが

これがね
終わってから必ず顔にしわがつく。
年なのか?跡がつくとなかなか取れないんですよ。

「マッサージ行ってきたの?」とバレバレ
知らない人からもこの前言われてしまいました。

このマッサージ台の穴
クッション代わりにタオルがしいてあったりしますが
ゴアゴアだと要注意です。

逆に仰向けの時は、枕代わりのタオルをもらいます。
枕がないと口が開いてくるのは私だけ? 

始まる前はトイレを済ましておく。これ絶対。
悪いものを出したい作用が働くのか、
必ず途中で行きたくなるんです。
ボディーワークスのアルサナさんの時もやっちゃいました。
「アルサナさんトイレ・・」というと 慌ててかぶせているシーツをグルグル体に巻いてくれて「1階の庭の奥にあるから」

ほぼ裸の、すけすけシーツをまとったままのボサボサ頭で
人の目にさらされるのはあんまりです。
2階の掃除中のトイレに入らせてもらいました。

せっかく人気のセラピーマッサージも
途中で止まったら台無しですよねー。

ウブド(UBUD)エリアのホテル 口コミとランキングはこちら
気になるホテル名を検索。
ウブドエリアのホテル ランキング!

バリニーズマッサージの受け方

コメントを残す