バリ島のスパ エステのマッサージオイルはどんなの?

バリ風インテリアの素敵な部屋で
半屋外で川や波の音、鳥の声、自然や景色とが一体となって
マッサージを受けるというのがバリ島エステの醍醐味。

日本、特に街中では絶対無理なシチュエーションだし
値段でみてもそう。 

だけどマッサージオイルについては疑問があります。
マッサージで使ってるベースオイル
キャリアオイルともいいますが
日本でよく使われているものは

・ホホバオイル
植物ホホバという植物から採ったもので、
皮膚の成分と似ているので肌によく浸透し
塗った後はサラッとしていて伸びがいい。 

・アーモンドオイル
アーモンドの種子から出来ているオイルで
栄養分が豊富(ビタミンやミネラル)
肌を癒して柔らかくする効果がある。

・グレープシードオイル
ブドウの種からとれた

などなど
これにエッセンシャルオイル(香り)
を混ぜたものがマッサージオイルです。

バリ島の高級エステ、スパなんかはマッサージの最先端だと思うんですが「このアロマの香り(精油)はどんな効果があるの?」と聞いたらいろいろ答えてくれるけど
「ベースオイルは何?」と聞いたら「???」な人が結構います。

例えばベースがココナツオイルでも良質なものはキャリアオイルとして効果があると思うのですが、どういいのか説明できる人少ないんじゃないかな?

安い街スパで聞いてみたらこうでした。
「これ なんのオイル?」
「これ?・・・きもちいいね~~」笑顔で言われ
同じく「そうね~」なんて笑いで返すしかない。

ビーチ脇のおばちゃんとこで聞いたら
「ココナツオイル」って。もしやと思い
「食べれるの?」と聞いたら
「もちろん料理で使う」・・・・(笑)

肌の弱い人なんかはベースオイル重要だと思うのですが、お客さんでも聞く人少ないのかな?
私はノーマルスキンだけど
それでも痒くなったりする時がある。

お土産やさんでアロマグッズのビンの
表記をみても書いてない場合が多い。

昼間マッサージ受けたあと街に出るなら
まんまり良くないオイルの場合は、綺麗に洗い流して
日焼け止めもしっかりつけないと肌に良くない
ムラ焼けのもとです。  >>Ranking

そんな事知らなくても、上手な人は沢山いるし
それ以外の効果もあるわけだから
ほんのちょっと気になるだけなんですけどね。

コメントを残す