ガムランをバリ島で習ってみます

ガムランは Gamelan と書きます。

楽器の総称でですが
海外では音楽ジャンルとして【ガムラン】っていってますね。
坂本龍一やUAなど、日本のミュージシャンや
有名人にもひそかなファンがいると聞いていますが、
日本では声のガムラン【ケチャ】が有名かな?

楽器を使ったかっこいいガムラン音楽

魅力は
西洋音楽にない神秘さ
音色
演奏の巧みさ  

初めて生で聴いたときの衝撃ったらなかったです。
私がバリ島をよく訪れるキッカケはここにもありました。

a503c276

今、バリ島と東京に師匠がいますが
日本にいると環境が整わないのでなかなか上達しません。

バリに滞在中は毎日のようにレッスンしてもらってます。

バリ島は暑いので昼間はうろうろせず、
涼しい場所での青空レッスンはいいです。

音楽やってると楽しい。
リラックスしていると集中もできるし覚えも早いような気がします。

まだやり始めて1年ほどですが
やればやるほど難しさを実感します。

構成は大人数なオーケストラみたいなスタイルもあれば
2人組の少人数のもあります。
そこに華やかな踊りも加わります。

楽器の種類もたくさんあって
代表的なものに【ガンサ】

ブロンズの鍵盤で出来ていて 鉄琴みたいなのですが
これが叩いただけではメロディーになりません。
仏壇のチン~~~~~~~
みたいに叩いたら音が鳴りっぱなし
なので次の音を叩くと同時に
今鳴らしていた音を左手で止めないといけない。
しかも速いんです。

音階は5音が基本です。
西洋音階でいうとド ミ ファ ソ シ
みたいな感じで、沖縄音階と似ていますが
私のやっているスタイルはあれの10倍速いです。
そして わざと微妙にピッチをずらしてあって
同じ音を皆で叩くと、うねりが生じます。
このうねりがこの音楽の特徴なんですが
倍音も相当聞こえてくるので耳が変になる時もある。

今は主に【クンダン】という太鼓をやってます。
リズム構成 ノリを感じるためです。

楽譜はありません。覚えるしかありません。
指揮者はいません。感じるしかありません。

説明難しくて箇条書きチックになってますが許してね。
とにかくのめり込むと深い音楽。

今 夢中なことのひとつです。

その他ウブドのレッスンについて

バティックに挑戦、やりたいこといっぱい


ヨガのレッスン

2件のコメント

  • すず

    初めまして。
    6月に初バリを計画しています。
    ひとりだし、5年ぶり海外なので、どきどきです。
    そんな私にこのブログはとっても力になってくれています。
    当初は静かな宿でどこへも行かずにだらだらするつもりでした。
    しかし、ガムラン、習ってみたくなりました。
    楽しみがひとつ増えて嬉しいです。

  • すずさんコメントありがとうございま~す。
    バリ島の過ごし方はほんといろいろ。
    だらだら過ごしながら気まぐれで動くのも楽しいですね。
    ガムランも習いだすと止まらなくなるかも・・
    是非6月楽しんできてくださいね!

コメントを残す