AX インドネシア語,本,勉強,バリ島,日常会話,面白い本




バタオネのインドネシア語の本

バタオネのインドネシア語」って本知ってますか?

3d8c0832.jpg

また、買ってしまいました。
バリ島行く前って盛り上がっちゃうんですよね。
インドネシア語って普段はなかなか本腰入れて勉強はできません。
出発1か月前からパラパラとめくりだし、出発後もこの会話本のコピーと一緒についていた音声をもって飛行機で猛勉強することに。

この本面白い(笑)あんな抑揚のあるインドネシア語、バリで聞いたことありません。
歌歌ってるみたいな会話です。楽しくなってきます。
しかも教科書なのに音声ではカミカミで、言い直しがいっぱい。
あれバタオネさんという方がしゃべってるのかな? レッスン1,2・・と進めて聞いていると 気分にムラがあって、乗ってるときとそうでない時の差が激しい。
とにかく音声で笑わせてもらいました。
真剣にこの本でがんばれば初級でも相当話せるようになるとは思うのだけど、この厚さにひるんでしまう私。

さて会話の成果は・・
ありがとう、おはよう などあいさつはもう大丈夫、発音もばっちりです。
軽い話などはなかなかスムーズだと思ってたんですよね。でも今回わかった。バリの知り合い達は、私の変てこな言葉には慣れてくれていて 通じているんだか微妙なのでも普通に話してくれているんだと。
でも子供は正直です。 私が話しかけると必ずケタケタ笑いだします。
変な箇所を復唱されて手を叩いて笑われます。もう変な外国人が来た~ みたいに言われて隠れられます。 バリ在住日本人に言わすと私のインドネシア語はこんな風だそうです。
【きれい!花あのある、何?】 【後でお風呂 食べる】

もうガックリですが、在住日本人の友に言わすと 「悪くないよ、その感じ、ちゃんと通じてるからすごい」だそうです。 う~~ん・・。
まぁでも、インドネシア語は少し勉強すれば日常会話はなんとかなります。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする